サイトの文字数・単語数は検索順位を決める大きな要因_検索順位によるサイト文字数・テキスト量・単語数比較調査「Preak(プリーク)」

長文コンテンツがSEO効果を高める・関連性・信頼性を。Preak(プリーク)

文字数はさまざまです。ページの一部に必要な時間について話している。ユーザーがそれに費やす時間を考慮する必要があります。ページが長いほど、ページに費やす時間は短くなります。

また、ページ上のテキストの量についても話します。人々が多くのテキストを読んでいることに気づきました。最初は、「ねえ、コンテンツをあまり見ないでください。テキストが多すぎると、ポイント全体を見失います。ポイントを逃して、知っているのを逃します。記事」―それでうまくいきました。人々はコンテンツを見逃しませんでした。それはそれほど多くのテキストではありません。しかし、ソーシャルメディアで公開されるコンテンツの量により、大量のテキストと多くの読み物があります。だから、あなたは知っている、私たちは多くの異なることについて話している。

●Googleにどのような影響がありますか?
それはGoogleに影響を及ぼしますが、彼らもそれを知っています。読みにくくすると、GoogleがGoogleでランク付けするのが難しくなります。だから、それはただのGoogleではありません。

●ソーシャルメディアが読みにくいのは何ですか?
記事の長さだと思います。段落ができたら、検索する必要がある場合は、戻って読む必要があります。この記事は数段落よりも長くありません。

●全体像やテキストが多くない場合、読むのは難しいですか?
いいえ、戻って読む必要があるためです。全体像を把握しておくと読みやすくなります。

しかし、あなたは誰もが全体像で話しているなら読むのが難しいと言っていますか?

ええ、Googleは最初に大きな画像を見ることができるからです。

では、最初に最適なコンテンツは何ですか?

最も重要なことは、あなたが良いコンテンツを持っていることを確認することです。 「もっと良く」「もっと良く」「もっと良く」「もっと良く」「もっと良く」などの大きな言葉がたくさんある場合。 ―それは本当にあなたをどこにでも連れて行くつもりはありません。ですから、本当に良い、短く、意味のあるコンテンツがあることを確認してください。

短くて価値のある良いコンテンツを書くことが重要だと言うのはなぜですか?

コンテンツのよしあしは、文字数だけで測る事はできない
検索エンジンはユーザーのキーワードとマッチするコンテンツで
関連性・信頼性の順に評価し順位に表示させます。
コンテンツがわるいというのは、
誰でも知っている情報や、
検索クエリに対する答えとなるコンテンツがない


SEOを意識して一般論的な用語集のページを作っているウェブサイトを良く見かけますが、誰でも知っている情報であったり、似たようなコンテンツを持つウェブサイトが多くあるなら検索エンジンからはほとんど評価されないでしょう。 以下のようなポイントを抑えてコンテンツを制作していくと良いでしょう。 長文コンテンツがSEO効果を高める。
数万字に及ぶページも最近はみかけます。
人間が読むのではなくて、もはやgoogleBot用のような気がします。
よくあるSEO解説のページでは、ユーザーのためになるコンテンツということで、
話を結んでいますが、ユーザーのためってなんでしょう。
それがわかればホント、苦労しないんですが。

対策中のキーワードは上位とるための文字数は?
狙ったキーワードで上位するためには?

これが重要です。

記事に書かれている情報が信頼できる。
記事は専門家またはトピックについて熟知している人が書いたものか
トピックは、ユーザーの興味に基づいて選択されている
記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか
コンテンツは品質管理されている
記事はよく編集されている。雑に作成されたものではない
記事は当たり前のことだけではなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいる
記事は雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティ


読む価値があるかないか。
SEO用にサイトの文字数(テキスト量)を調べるサービスはよく見かけるのですが、 1個サイトごとに調べなければならなかったりで面倒。それに結局検索順位のために 調べていることがほとんどなので、全部がっちんこして、キーワード入れれば 検索順位をもとに、サイトごとの文字数・単語数を調査するツールをつくりました。

サイトの文字数・単語数は検索順位を決める大きな要因です。 とりあえず、それなりに沢山書いておけば、ある程度は上にくると思います。 競合サイトを研究した上で、ガンガン上位を狙ってください。

サイトの文字数・単語数は検索順位を決める大きな要因

 






コンテンツ




甘口のレビューが多いとお嘆きの貴方に。東京温泉辛口レビュー。さやの湯、おふろの王様、ラクーア、大江戸温泉、などなど。

初心者の学習・上達におすすめのビジネス英会話なら英語塾アブソ秋葉原校